ひげ脱毛のススメ

針を利用したひげ脱毛の方法

ひげ脱毛は一般的には医療レーザー機器を使うことが殆どですが、実はあまり知られていませんが、針を利用した「針脱毛」という施術方法もあります。針脱毛はレーザー脱毛と違って、細い毛や色素の薄い毛などの毛の質に左右されずにピンポイントで脱毛したい毛を処理することが出来ます。施術は看護師の資格を合わせ持つ脱毛士という資格を持った人だけが行えます。その原理としては、絶縁針と呼ばれる針を毛穴に挿入して、弱い電流を流し、毛根を焼切るというものです。病院やクリニックなど医療機関であれば、麻酔クリームなどを塗って、痛みを和らげることができ、出力の高い機器が使えるため、短い脱毛時間で効率よく施術してもらえます。万が一、肌のトラブルが起きてしまっても医療処置をすぐに行ってもらえる安心感もあります。一方、エステサロンなどであれば、麻酔なしや出力の低い機器での脱毛になるので痛みが伴ってきます。針でのひげ脱毛は、医療機関で受けることがおすすめです。

ひげ脱毛を行うということ

男性の中にもひげが極端に濃いという人がいます。それがコンプレックスになっている人も多いのです。毎日の処理が大変ということもありますし、処理をしても数時間でまた生えてきてしまうという人もいます。そのような悩みを解消させるためにひげ脱毛を利用してみると良いです。メンズエステサロンの中にはひげ脱毛の専門コースを設置しているところもあります。利用をすることによってコンプレックスを解消させることも可能となりますし、自分に自信を持つことが出来るようになってくるということもあります。専用のコースを設けているようなサロンであれば、かなりリーズナブルな価格で対応をしてくれるということがあるので、安心をして施術を受けることが可能となってくることもあるのです。キレイなお肌を手に入れることも出来るようになってくるのです。

フラッシュライトを使用したひげ脱毛の方法とは

ひげ脱毛の方法として広く知られている医療用レーザーを使った脱毛は、施術をするためには医師免許が必要です。そのため法的にはエステサロンでは行えませんが、その代わりとして光出力を落として同様な効果を得るIPL脱毛法というものが導入されています。このIPLは「インデンス・パルス・ライト」の略で、特殊な光エネルギーを使ってむだ毛を処理する方法です。医療レーザーに対して照射面積が広く、ピンポイントではない広範囲な施術ができるのが特徴です。また、脱毛したい毛の濃淡に左右されることが少ないというメリットもあります。ただし、医療用のレーザーと比べて出力が低い分、痛みも軽く、肌へのダメージも少ないですが、その分、脱毛自体の効果はあまり期待できません。そのため、IPLは顔全体に照射することで肌にハリを出したり、毛穴を目立たなくしたり、肌のきめを整えたりするための美肌効果、若返り効果のために利用されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll To Top